ロゴ
長所と短所の例文一覧
menu
【慎重】性格別例文
【慎重】性格別例文

をアピールするポイント

長所タグ

慎重な性格は、長所としてアピールしても、インパクトに欠けるようです。
面接の際には、物事を慎重にこなすということが、どのような場面で必要とされるかを考えたうえでアピールすることが大事。

「トラブルの際にも落ち着いて冷静な対応ができる」「お客様からの難しい要求にも、焦らず丁寧な対応ができる」といった具体的な説明で、いざという場面で冷静さが必要とされるときに役に立てることを伝えることを意識しましょう。
仕事に役立つアピールポイントはしっかり理解し、面接官を納得させるような説明をすることが不可欠です。

【慎重】 性格別の例文一覧


30件中 1〜20件目を表示中

慎重なことはとても大切です。

慎重さというのはときに決断力に欠けることもありますが、たとえば自動車の運転や危険な作業、或いはデータの作成や入力などの作業においても大変重要なものです。 私のような慎重なタイプは、すべてにおいて慎重という傾向があるので、 […]

>> 続きをみる

マイナスにならない慎重さ

私の長所は、慎重に物事を考えることができるところだと思います。 私は、慎重な性格というのは短所にも長所にもなりうると思っています。 実際に私も慎重すぎるが故に、物事になかなか踏み出せないということもたまにあります。 それ […]

>> 続きをみる

何事も先回りして行動します

私の長所は「先を読んで行動できること」です。 心配性な性格もあり、何事も先を読みトラブルが起きた場合の対処を事前に考えておく習慣があります。 大学時代にこの性格が発揮されのはサークルのイベントや飲み会の幹事の時です。 例 […]

>> 続きをみる

慎重で順序だてて行動します。

私の長所は、慎重なことです。 普段から何か行動するとき、すぐに行動に移さず、一度順序だてて考えてから行動するようにしています。 一度、学校の試験とクラブ活動の企画が重なってしまったことがありました。 そのときは、まずどの […]

>> 続きをみる

物事を深く考え慎重に行動する

私は学生時代将棋をやっていました。 学校の部活動ではなく将棋の道場に通っており、師匠もついていました。 大学生の時に全国大会にも出場した経験のある私は非常に慎重な性格です。 将棋は一手のミスで勝敗が決まってしまいます。 […]

>> 続きをみる

慎重さは信頼につながる架け橋

私の考える社会人にとって最も大切なものは「信頼」だと思います。 あらゆる場面において、信頼関係が存在しないところには良好な人間関係が存在しないからです。 その信頼を得るための大事な要素に「慎重さ」があるとも思います。 平 […]

>> 続きをみる

何事も慎重に取り組む。

私の長所は、慎重な所です。 どういう所が慎重かというと、まず、何事にも丁寧に確実さを優先して取り組んでいます。 そして、間違いやミス、的外れな考えや行動を起こさないように、細心の注意を払っています。 また、自分で判断がで […]

>> 続きをみる

何事も慎重に丁寧に対応するところ

わたしの長所は、何事も丁寧に慎重に対応するところです。 小さな頃から時間や持ち物など、まめに確認する性格だった為、学生時代から遅刻や忘れ物はほとんどしたことがありません。働くに当たって、必ず待ち合わせや約束をする場面はあ […]

>> 続きをみる

物事に慎重に取り組むこと

 私の長所は、物事に慎重に取り組むところです。  私は以前、スポーツクラブの受付事務の仕事をしていたのですが、入会のお客様の書類は必ず何度も見直して確認するようにしていました。なぜなら、お客様の中には既往症があったり、体 […]

>> 続きをみる

取り組むまでの準備をしっかりとる

私の長所は慎重な部分であって、これは以前からいろいろな面で見られてきたと思っています。 例えば、学校でレポートを作成する課題が出たときには、いきなり作成に取り掛かるのではなく、全体像をはっきりさせて、内容に関して細かく考 […]

>> 続きをみる

何をするにも確認を怠らない

私は誰かに仕事を任されたり、頼みごとをされたりしたときに、その案件に取り掛かる際には絶対に確認を怠りません。日時や場所は事前にチェックし、交通手段なども調べておきます。 楽器の演奏をするので、演奏会に参加することがあるの […]

>> 続きをみる

作業は確実に正確にこなす

私は、とても慎重な性格で、その長所は仕事で発揮できています。 細かい作業などもちゃんと見落とさずにできていたので、会社の上司にとても褒められました。 その頃はまだ会社に入って間もない時だったので、褒められてとても嬉しかっ […]

>> 続きをみる

長所・短所の例文一覧 TOP